ideomics

オブジェクト思考ブロギング

テアトロクラティア

 

悲劇の誕生 - ideomics

プラトンは『法律(ノモイ)』において、テアトロクラティア(観客支配・観客権力)を批判するが (701A) 、この戯曲家こそが、ソクラテスを主人公として観客の喝采による支配を試みているのだと我々は知っている。彼は、脚本家であると同時に、自身が観客の第1者となる*1。なんとテアトロクラティアな男だろう。彼は、神々から観客の地位を奪ったのだ。

 

役者の声はポリスとともに過ぎ去り、書かれた文字だけが残った。舞台に演じる役者たちはもういない。ただ観客だけが残されている。不死の神々も観劇から立ち去り、死すべき見物人だけが残された。見物人たちは話し合う。劇の感想、役者の魅力、脚本の出来、、、見物人たちは静かに話し合う。彼らは賢かったから。

 

アゴラの舞台から言葉だけが残り、やがて戯曲の文字になった。演じられた体と声はどこかになくなり、文字だけが残った。ソクラテスプラトンの戯曲は舞台で演じられることもなく、文字の戯曲として私たちに残されている。彼の『ポリテイア』とは、この残された戯曲たちだったのだ。ポリスは失われたが、『ポリテイア』は残った。彼らに残された文字たちは、自らの意思をもって整列し、やがて法文の文法と、文法の法文となった。ポリテイアの誕生である。

 

古代のポリスとは、舞台の上の言葉でもあり、言葉により作られた舞台そのものでもあった。ポリテイアとは、戯曲の上の言葉でもあり、言葉により作られた戯曲そのものになった。 母なるポリスは、産褥熱で命を失うことになった。彼女は誰よりも子どもたちを心配していた。残された父は、独り身で途方に暮れている。神ならぬ紙と文字で編まれた聖体ならぬ生体は、子どもからやがて大きな怪物となり、人々の生態を支配する。この子を心配していた母の姿はもういない。リヴァイアサンの誕生である。

 

この世界には、観客 (theoros) しかいなくなった。役者はどこかへいなくなった。観客 (theoros) の力 (kratos) があまりに強かったから。感想を観想する (theorein) 観客 (theoros) しかいなくなったこの世界に舞台はもういない。観想(テオーリア)的生活に、観劇はもういない。"vita activa"と言ったある女は、actするactorがいないことを嘆いている。観劇の好きなこの女は、役者たちをもっと見たかった。この女もまた、テアトロクラティア(観客支配・観客権力)を批判する。

*1:「対話篇におけるプラトンの不在は、描かれた対話と著者との根源的な距離をあらわしている。・・・対話に巻き込まれている時、人はその対話を見ることはできない。対話を書くこと、それを読むことが、対話を目の前におき、冷静な判断の対象とする。プラトンは対話から自らを消すことで、まさに、対話する自身を別の視点から見つめ直そうとしたのである。」(納富信留プラトン 哲学者とは何か』P22)