ideomics

サブジェクト⇔オブジェクト思考ブロギング

We "Other Frankensteins"

街中には英語由来のアルファベットが溢れている。教科書的には日本語の書字は3種類(漢字、ひらがな、カタカナ)だけど、現実にはalphabetもかなり多い(ほとんど英語由来)。自分も含めて多くの人は英語をうまく使えない。けど英語由来の言葉やアルファベットは使う。考えてみれば、漢字なるものも漢(中国)から見れば適当そのものだろうし、ひらがなは元ギャル文字だし、カタカナは位置づけよくわからんし、元からめちゃくちゃな混交。4種の体系と言っても良さそう。


J-popの歌詞に英語が入り交じるのって、現代日本のリアリティをよく表象している。英語(ヨーロッパ→アングロサクソン文明)がそれなりに入っているけど、それなりというレベルだよね、という。最近英単語をめちゃくちゃな使い方している反省もありつつ、考えてみれば「漢字」含め日本語の書字自体がめちゃくちゃな体系じゃないかと思った。


ゲノムにおけるレトロトランスポゾン、細胞におけるミトコンドリア葉緑体、個体におけるマイクロバイオーム。「異物」の混交、キメラとしての生き物。We, other Frankensteins. 気持ち悪い快感がある。