ideomics

サブジェクト⇔オブジェクト思考ブロギング

ウッド・テクノロジー

今日ひやかしにマンション見学行ったら、朝日ウッドテックなる会社を知った。
http://www.woodtec.co.jp/
マンションのフローリングにはよく使われている木の加工会社らしい。紹介されたのは、ワックスが要らないマット仕様の天然木フローリング。妙にプラスチックぽかったのが興味をそそられた。「木」の加工や選別とか、ゆるゆると知識を集めてみようと思った。馬のおしりからコードバンを抽出するみたいに、ここだ!という感じで探り当てる良質な「宝石的」木材の部分ってのもきっとあるんだろうな。


エルメスとか「革」へのこだわりが売りのブランドがあるけど、「木」という素材をこだわるところから、コンシューマー向けのハイブランド・ハイエンドなプロダクトはfeasibilityとしてどうだろうか。筆箱とかペンはありえるし、既にありそう。色々なものを木で置き換える。PC、プリンター、その他家電とか。とはいえ、やはり「歴史」がないと売りにならなさそうなので、のれんとしては老舗を使わないとかな。革好きが、デュプイとかイルチアとか新喜皮革とか言ってるように、木の削りだしとか保管、加工を担うタンナー的なポジションの企業(集団)が最終消費者にもブランディングされたら楽しいな。既にその世界にはあるのかもしれないけど。


宮大工の伝統をうまくハイエンドなコンシューマー向けにコンバートするような「歴史」の「変換」をする「関数」をどう生み出すか。西岡常一『木のいのち木のこころ―天・地・人』
http://amzn.to/GAremc
は評判通りのおもしろさ。参考になるかも。

無印の木製玩具とか素敵。これは買いたい。
http://muji.lu/tDDiFg