読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ideomics

サブジェクト⇔オブジェクト思考ブロギング

ファミリーコンピュータ

「パーソナル」コンピュータに対して「ファミリー」コンピュータというものを構想するとしたら、どんな形になるだろう。ファミリーと言っても広義に考えて、場合によって小さな会社や仲の良いグループも含めた小コミュニティくらいの意味で。


モバイルやタブレットが「パーソナル」なものとなると、パーソナルコンピュータという言葉のお株が奪われる。パーソナル=モバイル路線が発展していくのは間違いないにしても、別様にコンピュータの発展を構想するとしたら、ひとつの可能性としてはあるかも。


�オンラインで
ハードウェアのことは考えず、ウェブサービスでの構想。SNSとかコミュニティとかグループとかいうレベルではすでにたくさんあるし、今後もありそう。ただ「ファミリー」という形でターゲッティングしたサービスはあんまりないかもしれない。


Wii

TVゲーム ・・・ 「ユリイカ2006年6月 特集 任天堂 Nintendo」 - ideomicsの通り、Wiiによって、任天堂の「ファミリーコンピュータ」という名前がより昇華された存在になったとも言える。少なくとも、Wiiによって家族内に新しいコミュニケーションが生まれた。これはすごい。この方向でWiiが何かできるか・・・既に色々揃っているが、教育・介護関係でもう少し充実はできそう。Wiiというのが普通名詞になる日が来たりはしないかな。Wii=We=Family。


�テレビを中心に
家族団らんの中心として位置づけられるリビングの主、TV。アップルもグーグルもTV関係の市場を狙っていると聞く。TV視聴の変革というシナリオを中心にしてもいいだろうけど、ファミリーコンピュータというコンセプトもありかもしれない。TVによって新しい家族内コミュニケーションが生まれうるだろうか?Wiiか何かでTVに対して任天堂は主要なプレイヤーになれないか?


�ダイニングテーブル・ソファテーブルを中心に

物理的に家族が集まりやすい場所と言えば、ダイニングテーブル・ソファテーブル。テーブルをコンピュータ化するという思いつきで載せてみたが、アイデアがあるわけではない。テーブルの表面をタッチパネルにしてもしょうがないしな・・・それだったらタブレットでいいし。よりハードウェア的なものだが、新しいコミュニケーションの形に向かって今後考えてみる余地はある・・・かも?


�家自体をコンピュータ化

ハードウェアの最たるものと言えば、家。家自体を電脳化。ユビキタス的な狙いでアンドロイドやiOSなんかが頑張っているが、任天堂パナソニックトヨタあたりで何とか提案できないものかしら。モバイル系OSの転用ではなく、家のコントロール&セキュリティを中心にした新しいOSとか。イントラネット構築に近い?ただ生活を便利にするだけでなく、家族内コミュニケーションを誘発する仕掛けを考えたい。もうちょっと何かできそうな気はするけど・・・